ホーム / 記事 / 犬が迷子になったときの事故について

犬が迷子になったときの事故について

更新日: 2020/06/03
愛犬イメージ

愛犬が迷子になることで、迷子にさせてしまった後悔、愛犬がいないことによる寂しさ、どうしているのかとの心配など飼い主の生活が一変してしまうほどの状況になってしまいます。

ペットロス

愛犬を思うあまり病気になってしまう飼い主さんもいます。いわゆるペットロスの状態です。

愛犬のことが心配で、夜も寝れず不眠になり、さらにひどくなると鬱の症状が出てきて、仕事や家事ができなくなることもあります。

そのような精神的に危険な状態になったら、知人や友人に相談して悩みを抱え込まず、いまの状況を吐き出せば、精神的にもかなり楽になります。

相談できる知人や友人がいない場合でも、ペットロスについて相談にのってもらえる場所がありますので、早めに受診してみてください。重症化する前に対応することが大事です。

愛犬はどうなる?

一方、愛犬の方は逃げた状況、迷子になった周辺の環境により見つかる可能性が異なります。

茂みに隠れて姿を現さないこともありますし、放浪して遠方まで行ってしまうこともあります。個体によって行動も異なりますので、ペットを探す専門家に相談することも有効です。

犬が外でうろついていたら、迷い犬として認識され警察、役所、保健所、動物愛護団体などへ連絡がいきます。地域によっては、放し飼いされている場合、連絡されず放置されることも考えられます。

早い段階で保護され、飼い主が警察に届け出をしていれば、ほぼ帰宅できます。

しかし、保護される前に事故にあうこともあり、早くに探すことが大切です。探すことが遅くなるほどに危険度が増します。

当サイトでも報告がありますが、側溝にはまってでれない犬が結構いるということです。この状況では見つけるのが遅くなると衰弱しますので危険です。自らの足を使って探すことも大事です。

いずれにしても、いなくなった直後から速やかに探すようにしてください。

当サイトには、犬の探し方をまとめています。参考にしてください。

交通事故

怖いのが交通事故です。

特に夜間帯に多く、小型犬だと運転手が発見するのが遅くなり、はねられることがあります。大きな幹線道路では車のスピードが速くなりますので、犬が飛び出したら、なおさら危険な状態となります。

私は週末だけ車を運転しますが、大きな幹線道路で車に轢かれた動物を目にします。飼われている子かもしれないと思うと悲しみに襲われます。

その殆どが原型をとどめていないことがあり、犬や猫、または野生の動物か見分けが付かないことがあります。

交通事故にあって亡くなった犬は、最終的に役所の清掃係に回収されます。

溺死

近くに川や湖がある場所だと、水を飲もうとした犬が足を滑らし水死したとの報告もありました。水に慣れていない犬は、特に注意が必要です。

雨が降った後などは側溝に水が溜まりますが、そこに犬が落ちてしまいますと、そこから流されてしまうことがあり、とても危険です。水に慣れている犬でも命の危険があります。

まとめ

犬を家族同然に飼っている場合、迷子になってしまうことは、人の迷子と同じく大変な状況になってしまいます。

迷子になっても戻ってくるだろうと安易に考えていると、交通事故や水の事故などに遭い取り返しのつかない事態にもなり得ます。

日頃から迷子にさせない事を心がけて、飼っていただければと思います。

迷い犬、保護犬を登録